ヒートショックの原因と症状と対策|家庭で防止する方法

ヒートショックを知っていますか?寒さが厳しくなるとヒートショックを起こす人が増えてきます。大切な家族を「ヒートショック」から守るため暮らしの工夫をしてみましょう。

ヒートショックを防いで大切な家族を守りましょう

ヒートショックによる死亡者

ヒートショックという言葉を聞いたことがありますか?

ここ数年はヒートショックのことがメディアでもよく取り上げられているので、ヒートショックのことを知っている方も多いと思います。

ヒートショックを防ぐための基礎知識 
悲しいことにヒートショックが原因で亡くなる方は年間1万人以上いると言われています。

これは交通事故で亡くなる人よりもはるかに多い数字となっているんですよ。

かなり驚きの数字ですよね。

しかし、ヒートショックという状態がどんな状況で起こるのか?どうすればヒートショックを防げるのか?といのはというのは、案外知られていないのではないでしょうか?

「ヒートショックの原因と対策」では、ヒートショックの起こる原因や家庭でできる防止方法などを紹介しています。

お風呂の入り方はもちろんのこと、家の中の工夫をすることによってヒートショックをかなり防ぐことができるんですよ。

もし、同居する家族の中にヒートショックを起こしやすい人がいたら。。。

できるだけ体の負担にならないようにヒートショックを防ぐような生活をさせてあげたいと思いますよね。

大切な家族を「ヒートショック」から守るために、暮らしの工夫をしてみましょう。

寒さが厳しい季節になると懸念されるヒートショック

ヒートショック

冬の寒い時期に暖房の効いた暖かい部屋から寒い廊下やトイレなど場所に行くとその寒さに「ゾクゾクッ」っと震えることがありませんか?

この状態も「ヒートショック」なのです。

急激な温度変化にさらされることで血圧が急上昇、急降下する 「ヒートショック」が懸念されています。

特に寒さが厳しくなる冬場に「ヒートショック」が起こりやすくなり入浴中に亡くなる人が増加しています。

ヒートショックとは?

ヒートショックとは?

ヒートショックとは急激な温度変化が体に及ぼす影響のことです。

室温の変化によって、血圧が急激に上昇したり下降したり脈拍が早くなったりする状態のことをいいます。

室温の変化にさらされた人間の体は、体温を一定に保つために血管が急激に収縮し血圧の変動や脈拍の変動を起こします。

心臓にももちろん思った以上の負担がかかっているのです。ヒートショックは心筋梗塞や脳血管障害などにつながりかねない危険な状態と言えるのです。

2015/10/16