「起立性調節障害の症状と対策」へようこそ

起立性調節障害

起立性調節障害は、中学生の1~2割りに見られる病気です。
かかった人にとってはとてもつらい症状なんです。

「起立性調節障害の症状と対策」では
起立性調節障害についてまとめていますのでご活用ください。

起立性調節障害の子どもは不登校になりがちです

起立性調節障害は早期治療が大切

子供が起立性調節障害という病気と診断されるまでは、朝起きれないとか頭痛や腹痛は単なる「なまけ」のために、そういう症状がでてるのではないか?と周りも疑ってしまいがちです。

もちろん朝起きることができないので、不登校にもなりがちです。

起立性調節障害
何らかの原因で不登校になった子供にも、朝起きれないとか、腹痛や頭痛などの症状が出る子供がいますが、休日にはこういった症状は出ない傾向にあります。

しかし、起立性調節障害にかかっている子供は、休日でもこのような症状がでる場合があるので、周りの大人が単なるなまけではないと言う事を早く気づいてあげて早期に適切な治療を受けさせてあげなければいけません。

不登校を防ぐためにも、早期に治療してあげることがとても大切です。