ヒートショックの原因は?室内の温度差です

ヒートショックを起こす原因は家の中の温度差です。

ヒートショックの原因

真冬になると暖房をしているリビングや居間と、まったく暖房していない廊下やトイレとの温度差が10度を超えてしまいます。

暖房のきいた部屋で温められていた体が、暖房のないトイレや廊下へ出たとたん、その温度差によって、血圧の変動や脈拍の変動を起こして心臓により多くの負担をかけてしまうのです。

このように、家の中での温度差がヒートショックを起こしてしまう大きな原因となっているのです。

スポンサーリンク

家の中に危険がたくさん|ヒートショックを起こす場所

ヒートショックはそのほとんどが家の中でおこります。
そうです、家の中にはたくさんの危険が潜んでいるのです。

浴室でのヒートショックが一番危険です

ヒートショックが最も起こりやすい場所が冬の浴室なんです。外国に比べて暖房設備が少ない日本の冬の浴室では、ヒートショックにおいてとても危険な場所になっているのです。

寒い浴室がヒートショックを起こすリスクを高めています。
年間1万人以上の人が浴室で死亡しているんですよ。
驚くことに、これは1年間で交通事故で亡くなる人の数をはるかに越えています。

特に冬場になるとお風呂で倒れる人の数も急増します。夏場の10倍以上の人が、急激に気温が低くなって冷え込む12月から1月にかけて倒れているんです。

寒くなると浴室で亡くなった人の悲しいニュースが多くなってきます。
こんな状態で亡くなってしまうのは、家族としてもとても辛く悲しいものです。

だからこそヒートショックの原因を良く理解して、防止する対策をとることがとても重要になってきます。

また、冬のトイレもヒートショックが起こりやすくなっています。

暖められた布団から暖房がない廊下やトイレの温度差も体に負担がかかってしまいますね。
高齢になると夜中にトイレに起きるという人も増えてくるのでとても心配なものです。

冬の車内の温度差にも注意

161110kuruma

温度差は室内だけではありません。
寒い時期に暖房が効いた車の中と、真冬の室外の温度差はかなり大きいです。
車から出るときにもその温度差に体はブルブルッと震えることもありますね。

このように温度差が大きくなると、体へかかる負担も比例して大きくなります。
ヒートショックを起こらないようにするには、この温度差をいかにして小さくできるかです。

タイトルとURLをコピーしました