入浴で起こる血圧の上昇と下降

お風呂に入るってとても気持ちいいものです。湯舟に浸かると疲労回復にもなるしリラックス効果もあります。入浴の効果もたくさん。
血圧の変動
しかし、入浴することによりの血圧は変動してるんですよ
血圧の急変動は人の体にいろいろな影響を与え、ヒートショックになるリスクを高めています。

スポンサーリンク

お風呂の中ではこれだけ血圧が変動しています

毎日、入るお風呂の中で私たちのの血圧は変動しています。
具体的にどのような動作で血圧が上がったり下がったりしているのか、表にまとめてみました

入浴時の動作 血圧の上昇・下降 血圧の
変動
寒い脱衣場や浴室に入る 血管が収縮し血圧が上昇する
脱衣や体を洗う 体を動かすことにより血圧が急上昇する ↑↑
浴槽につかる 体が温まることで血管の拡張と循環血液が改善され血圧が急激に下降する ↓↓
風呂からあがり脱衣所へ 血圧は上昇
服を着る 服を着ることで体温が保たれるので血圧は下降する

お風呂に入るだけなのに血圧がこんなに上がったり下がったりしてるなんて、ちょっとビックリしました。
リラックスするためのお風呂なのに、体には思いがけない負担がかかっているんですね。

健康な人にとってはこのような血圧の変動も大丈夫だと思いますが、高齢者や高血圧の人にとってこの血圧の変化は想像以上に体に負担をかけているのです
冬の寒い時期の浴室での入浴は、血圧の変動はもっと大きくなっているのかもしれません。

血圧が変動することによって、ヒートショックを起こし不整脈や心臓停止が起こることがあります。

もちろん若いからといって安心もできません
最近では隠れ高血圧と呼ばれる危険な高血圧の人もいます。日ごろから自分の血圧を知ることはもちろん、寒い時期にはお風呂の入り方も注意することをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました