ヒートショックは夏場にも起こる|クーラーの温度設定には注意

ヒートショックが起こる代表的なケースは冬期の入浴ですが、実はヒートショックは冬場だけとは限らないのです。
寒い時期のようにたくさん起こるわけではありませんが、夏にだってヒートショックは起こるのです。

夏型ヒートショック

夏になると連日熱中症のニュースを耳にします。
特に高齢者の方が熱中症で亡くなるというニュースは胸が痛みますね。
その原因は地球温暖化と言われています。

夏場のヒートショック、原因は?

実は夏場のヒートショックも地球温暖化が原因と言われています。それと共に冷房による室内の冷やしすぎもひとつの原因なんですよ。

暑い場所からお店に入ったら寒いくらい冷房がきいていたという経験は、誰もがしたことがあるでしょう。

家でも暑くなると冷房をガンガンかけてしまいます。設定温度についつい低めにしがちではありませんか。

その温度差が10℃以上になることもあります。

夏場だってその温度差が10℃以上になってしまうと、体への負担は相当なのもです。

炎天下から冷房のきいた室内に入ってきたときに、ヒートショックを起こしてしまうのです。
やはり温度差が体に負担をかけてしまいます。

これは夏型ヒートショックと呼ばれています。

ヒートショックになりやすい人が夏に気をつけておくことは?

クーラーの部屋に入るときには一枚羽織るとか首にストールを巻くなどすると、温度差でかかる体の負担を軽くできるでしょう。
室内での冷房の設定温度も必要以上に下げないようにします。

冷房の効いた部屋にずっといると何となく暑く感じるようになりますので、気をつけておくことはとても大切なことですね。

冷房の設定温度

夏場には冷房の室内と外気温の温度差が引き起こす冷房病もあります。

熱中症を防止するには冷房が必要ですが、極端に室内を冷やしてしまうと、また別の症状で体調を崩してしまいます。

ヒートショック以外にも暑さがもたらす体調不良は、高齢者やヒートショックになりやすい人の体を危険な状態にさらすこともあります。

暑い時期にはできるだけ無理をしないで体を休めることも大切ですね。