ヒートショックが原因?入浴中の死亡者と気温の関係

ヒートショックが起こりやすいといわれる場所は浴室・トイレ・脱衣所(洗面所)です。
特にヒートショックで入浴中に亡くなる人が多いといわれています。

ここ数年でも寒くなると有名人の方やその家族の方がお風呂で亡くなっていたという報道が目立つような気がします。有名人だけではなく、私の住む地域でもお風呂で亡くなっていたなどという悲しい知らせを聞くことが最近多くなっている気がします。

冬季の入浴

秋から冬にかけてヒートショックに関する報道も多くなっているのも、こういう悲報が背景にあるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

12月は入浴中の事故が多くなる|寒さに慣れていない体は要注意

入浴中の死亡者と気温の関係

上のグラフを見ると気温が低くなる冬場にかけて入浴中に亡くなる人が増加してることがわかります。
特に寒さが急激になる12月になると、浴室で亡くなる人が増加しています。体が寒さに慣れていないことも1年で一番死亡する人が多くなる要因となっていることが考えられますね。

寒くなるとヒートショックが起こりやすくなるということが考えられます。
このグラフからもわかるように、ヒートショックが起こる代表的なケースは冬期の入浴です。

寒い脱衣所やまだ温まっていない浴室に入ることで、人の体は血圧の急激な変化と心拍数の増加を伴うため、立ちくらみや転倒したりして溺死するケースがあります。
また熱い湯に長くはいると、血圧が急に下がり、脳梗塞や急性心筋梗塞をおこしやすくなります。

どちらにしても血圧の急激な変化が死と直結する危険な状態になってしまっているのです。特に高齢者やヒートショックを起こしやすい人と同居している場合は冬季の入浴にはかなり気を使ってあげることが大切ですね。

浴室や脱衣所、トイレなどに暖房器具を設置したり入浴する場合にひんやりとしないようにしてあげましょう。

タイトルとURLをコピーしました