ヒートショック対策の浴室暖房|予備暖房効果が期待できないお風呂

ヒートショック対策をするために、まず考えたいのは浴室暖房乾燥機の設置。
予備暖房機能を使って浴室全体を暖めておくおくことは、ヒートショックを防ぐためには取りいれておきたい機能ですものね。

日本の住宅事情

でも浴室の造りによっては浴室暖房乾燥機などで予備暖房しても、浴室の室温が上昇できないこともあります。

スポンサーリンク

浴室の予備暖房効果を低下させる原因とは?

浴室の予備暖房効果を低下させる要因には次のようなものがあります

    ・大きい窓がついている浴室
    ・浴室の面積が大きい
    ・タイル貼りの面積が大きい(タイル貼りのユニットバスは除きます)
    ・浴室の密閉性や断熱性が悪い
    ・浴室が北側にあって日が当たらずいつも寒い

日本の在来工法の場合、予備暖房しても室温がほとんど上昇しないこともあります。そのことも理解しながらヒートショック対策をしていくことが大切です。

現在はユニットバスが主流なので冬の入浴も快適にできるようですね。でもタイル張りの壁面の浴室は、ひんやりとして、冬にはとても寒くなります。

実は管理人の家の浴室もタイル貼り。
北側にあって大きな窓と壁面は全てタイルという、まさに予備暖房の効率が悪い環境で生活しています。
タイルの冷たさで、冬の浴室はとても寒いものです。
冬場の入浴はとても億劫になり、高齢になると浴室の冷たさが体の負担になりそうな感じです

予備暖房の効果が薄い浴室の場合は、リフォームなども検討することが必要かもしれません。
全ての浴室が同じ条件ではないので、予備暖房の効果もそれぞれ違うものになってしまいます。
多少ですが手軽に予備暖房効果をアップする方法もあります。

予備暖房効果を得るために手軽にできる方法

予備暖房効果を低下させる浴室でも手軽にアップする方法があります。

効果はそんなに大きくないかもしれませんが、あまりお金をかけずにできるし、手軽にできるので試してみてはどうでしょう。

    ・大きい窓には断熱シートなどを貼る
    ・タイルに熱めのお湯をかけて暖める

そんなに寒くない日は必要ありませんが、ヒートショックで亡くなる人が増加する12月や、かなり冷え込んだ真冬の浴室では少しでも温める工夫をして、ヒートショックを防ぐ対策をしたいですね